宇部市の歯科・小児歯科・歯科口腔外科|インプラント・ホワイトニング・入れ歯・予防歯科

花井歯科クリニック
歯科,小児歯科,歯科口腔外科
〒755-0049 山口県宇部市西小串1-4-15
TEL 0836-33-4181

 

花井歯科クリニック ネット予約 24時間受付中
HOME»  入れ歯(義歯)について

入れ歯(義歯)について

入れ歯(義歯)でお困りではありませんか?

普段の生活、食生活において、

入れ歯(義歯)は噛めない、見た目が気になる、でも入れ歯(義歯)はそんなものだ…

と思っている方、そんなご家族がいらっしゃる方は多いはずです。
その人に合ったきちんとした入れ歯(義歯)を作り、メンテナンスをすることで、毎日の生活、食生活を変えましょう!
入れ歯(義歯)でお困りではありませんか?

 

バルプラストデンチャー

審美性:
バルプラストの入れ歯(義歯)は従来のバネ式の入れ歯と違い、金属のバネがないので入れ歯であることがわかりにくく、また素材が半透明なので境目もわかりにくいので審美性に優れています。

機能性:
入れ歯(義歯)の厚さがかなり薄くできるので違和感が少なく快適です。

精度・安全性:
同一素材で入れ歯(義歯)の維持部・床部を製作するので、制度の高い義歯が出来ます。
無味・無臭で金属アレルギーなどの反応もありません。

適応症・価格などについては、スタッフまでお気軽にご相談下さい。
バルプラストデンチャー

 

バルプラストの入れ歯と従来の入れ歯の比較

バルプラストの入れ歯

○スーパーポリアミドというナイロン系の素材でできているため、薄くて軽い仕上がりです。

○金属のバネがないので、入れ歯(義歯)であることがわかりにくく、素材が透明なので審美性に優れています。

○弾力性の高い素材を使用しているため破折にも強いです。

○金属のバネがないので、残った歯を痛めることが少ないです。

従来のバネ式の入れ歯

○従来の素材で作るためバルプラストの入れ歯(義歯)よりも重く、破折にも弱いです。

○見た目ですぐに入れ歯を使用していることがわかってしまいます。

○金属のバネの負担により残った歯を痛める場合があります。

バルプラストの入れ歯と従来の入れ歯の比較

 

金属床について

金属床義歯とは、入れ歯の主要部分を金属で作った入れ歯です。
保険で用いられている入れ歯の主要部分は、プラスティックでできています。

当院では、金属床義歯としてコバルトクロム合金を使用しています。

プラスティックに比べて丈夫な素材であるコバルトクロムを使うため、薄く快適で丈夫な入れ歯を作ることができます。

薄い仕上がりは、違和感を少なくし、温度が伝わりやすいことで、食べ物の温度も伝わりやすく、おいしく食事を楽しむことができます。

保険の義歯ではすぐに割れてしまう方や違和感のある方におすすめです。

※その他の金属の取り扱いもございます。
 詳しくは、スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。
金属床について